睡眠について

睡眠がもたらす体への影響

睡眠の一番の目的は、自律神経の疲れを癒し、前日までの疲労を解消することです。

しかし、睡眠中にいびきをかいていると、脳が酸欠状態になって自律神経を刺激してしまい、疲れがとれなくなってしまいます。さらに血圧・血糖値の悪化を招いたり、がん・認知症などのリスクが上がったりするなど、健康を脅かすことにもなるのです。

睡眠で重視すべきは、長さよりも「質」です。いびきの自覚がない方でも、日中に眠気を感じる、やる気が出ない、注意力が散漫になりミスを連発してしまう、などの症状は睡眠の質が悪化しているサインです。

こんな病気があります 

概日リズム睡眠障害
不眠症 など

当クリニックでは、睡眠時無呼吸症候群(軽度~重度)および、いびきによって睡眠が妨げられている方の検査・治療を実施しております。

検査

  • 無料の検査

    自律神経機能疲労度検査

  • 保険診療の検査

    簡易型PSG検査、血液検査、尿検査 など

  • 自費診療の検査

    ヒトヘルペス6・7型検査(唾液検査)

治療 

当クリニックは保険診療を中心としており、重度の睡眠時無呼吸症候群の方には、睡眠効率を上げることで慢性疲労を劇的に改善する「CPAP(シーパップ)」を積極的に導入しております。また、保険適用に満たない軽度〜中度の睡眠時無呼吸症候群の方やいびきのある方向けに、アルゴリズムを改良した「疲労回復CPAP」を開発し、自費診療にてご提供しております。

保険診療の治療

CPAP治療(重度の睡眠時無呼吸症候群の方)
薬物治療

自費診療の治療

疲労回復CPAP(軽度〜中度の睡眠時無呼吸症候群の方、いびきのある方)

院長からのアドバイス

睡眠中は、眠りの浅いレム睡眠と眠りの深いノンレム睡眠を周期的に繰り返しながら朝を迎えますが、このリズムを整えているのは自律神経です。自律神経が疲弊してしまうと、睡眠の質が悪化し、当然自律神経の疲労は回復しない、という悪循環を引き起こします。

当院の初診時の検査はほぼ全てが保険適用となっております。疲労・睡眠にお悩みの方はぜひ気軽にお越し下さい。

ご予約・ご相談はお気軽に

いびきや無呼吸のことでお悩みでしたら、新橋駅徒歩1分にある東京疲労睡眠クリニックまで、
まずはお気軽にお問い合わせください。
当院は完全予約制です。お電話かWEB予約でご予約のうえお越しください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい03-3504-0555
  • top_img09_sp.png
  • 24時間受け付けております 診療WEB予約24時間受け付けております 診療WEB予約
03-3504-0555 完全予約制 診療WEB予約