睡眠時無呼吸症候群

こんな症状ありませんか 

睡眠中

  • いびきをかく
  • いびきが止まり、再び始まるときには大きな呼吸を伴う
  • 呼吸が止まる、むせる
  • 朝になる前に何度も目覚める、お手洗いに起きる
  • 寝汗をかく

目が覚めた時

  • 目覚めると口が乾いている
  • 熟睡した感覚がない
  • スッキリ目覚めることができない
  • 朝起きた時に体がだるい、重い

日中の活動中

  • 強い眠気を感じる
  • 倦怠感やだるさがある
  • 仕事ややるべき事に集中できない
  • 常に疲労感が抜けない

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に気道が閉塞して断続的な無呼吸・低呼吸が生じ、酸素摂取量が低下してしまう症状のことです。睡眠1時間あたりの無呼吸・低呼吸の回数を「無呼吸低呼吸指数(AHI)」といい、AHI5~15で軽症、15~30で中等症、30以上で重症の睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

睡眠中の呼吸で取り込める酸素の量が大幅に減ると、脳が慢性的な酸欠状態に陥ります。すると、脳に酸素を供給しようとする自律神経が休まらず、疲労回復ができなくなるのです。

睡眠時無呼吸症候群は、高血圧症、脳卒中、狭心症、心筋梗塞などの循環器病や、糖尿病を合併するリスクが高まるほか、最悪の場合は突然死に至る恐れもあり、放置しておくのは危険な病気です。

主な原因

肥満
顔の骨格(えらが張っていない小顔、など)
加齢(自律神経機能の低下、呼吸に関連する筋力の低下)
扁桃腺肥大や鼻炎
神経系の病気
女性ホルモンの減少(更年期にさしかかる35~50歳からいびきが始まるケース)

検査

治療

​睡眠時無呼吸症候群は、治療可能な病気です。睡眠時無呼吸症候群の治療には、「CPAP」という医療機器が用いられます。この「CPAP」は睡眠効率を上げることで慢性疲労を劇的に改善することもわかっています。
しかし、保険適用でのCPAP治療が認められているのは、当院で実施している簡易型PSG検査でAHI40以上、入院して調べる精密検査でAHI20以上の重度な睡眠時無呼吸症候群の方に限られているのが現状です。
当クリニックは保険診療を中心としておりますが、保険適用に満たない軽度〜中度の睡眠時無呼吸症候群の方やいびきのある方向けに、アルゴリズムを改良した「疲労回復CPAP」を開発し、自費診療にてご提供しております。​

保険診療の治療

自費診療の治療

院長からのアドバイス

軽度~重度の睡眠時無呼吸症候群の方は国内で約1,000万人以上(推計)にものぼりますが、一方で睡眠中の無呼吸・低呼吸に自覚がない潜在的な患者が大勢いると考えられています。

いびきの自覚がある方は、一度簡易型PSG検査を受けてみることをおすすめいたします。当院では初診時の検査はほぼ全て保険適用で実施しておりますので、気軽にお越し下さい。

ご予約・ご相談はお気軽に

いびきや無呼吸のことでお悩みでしたら、新橋駅徒歩1分にある東京疲労睡眠クリニックまで、
まずはお気軽にお問い合わせください。
当院は完全予約制です。お電話かWEB予約でご予約のうえお越しください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい03-3504-0555
  • top_img09_sp.png
  • 24時間受け付けております 診療WEB予約24時間受け付けております 診療WEB予約
03-3504-0555 完全予約制 診療WEB予約