疲労とは

こんなお悩みありませんか? 

体のお悩み

  • 倦怠感
  • 日中の眠気
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 頭痛
  • 眼精疲労
  • 自律神経失調症の諸症状

心の悩み

  • 人間関係のストレス
  • イライラ
  • やる気が出ない
  • 食欲不振
  • 不安

疲労とは

私たちは運動すると「体が疲れた」と感じますが、最新の研究では筋肉や内臓自体はほとんど疲れていないことが明らかになっています。

実は、疲れているのは体ではなく脳、なかでも呼吸や体温の調整などを司る「自律神経」。運動すると自律神経が活発に働くことによって疲労が生じているのです。運動で体が疲れたと感じるのは、疲れた自律神経が「これ以上運動させないように」とシグナルを発し、体が疲れていると錯覚させていることが原因です。

自律神経を疲れさせるという意味では、デスクワークも同じです。自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、デスクワークで集中力や緊張が高まると交感神経が優位になり、自律神経に大きな負担がかるのです。

疲労を回復させるには、質の良い睡眠をとることが一番です。

当クリニックの特長

慢性的な疲労感の原因の一つには、いびきや無呼吸のために睡眠の質が悪化し、睡眠の最大の目的である疲労回復が実現できないことが挙げられます。そこで、当クリニックでは睡眠の質を高めることによる疲労回復法を提案しております。

検査

  • 無料の検査

    自律神経機能疲労度検査

  • 保険適用の検査

    簡易型PSG検査、血液検査、尿検査 など

  • 自費診療の検査

    ヒトヘルペス6・7型検査(唾液検査)

治療

当クリニックは保険診療を中心としており、重度の睡眠時無呼吸症候群の方には、睡眠効率を上げることで慢性疲労を劇的に改善する「CPAP(シーパップ)」を積極的に導入しております。また、保険適用に満たない軽度〜中度の睡眠時無呼吸症候群の方やいびきのある方向けに、アルゴリズムを改良した「疲労回復CPAP」を開発し、自費診療にてご提供しております。

保険適用の治療

CPAP治療(重度の睡眠時無呼吸症候群の方)
薬物治療

自費診療の治療

疲労回復CPAP(軽度~中度の睡眠時無呼吸症候群の方)

院長からのアドバイス

あなたは思い込みや自己流の間違った疲労回復法ばかりしていませんか?また、世の中には疲労回復を謳う健康器具や食品が溢れていますが、そのほとんどが疲労回復につながっているとは言い難いのが現実です。

疲労を放置していると、老化を早めたり、重大な病気を招いたり、最悪の場合は突然死といった恐ろしい結果を引き起こしかねません。疲労を甘く見ないで、ぜひ気軽にご相談下さい。

ご予約・ご相談はお気軽に

いびきや無呼吸のことでお悩みでしたら、新橋駅徒歩1分にある東京疲労睡眠クリニックまで、
まずはお気軽にお問い合わせください。
当院は完全予約制です。お電話かWEB予約でご予約のうえお越しください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい03-3504-0555
  • top_img09_sp.png
  • 24時間受け付けております 診療WEB予約24時間受け付けております 診療WEB予約
03-3504-0555 完全予約制 診療WEB予約